母子家庭の方が秋田県でもらえる手当と支援がわかります










児童扶養手当の所得制限は?

前の1年間の所得額が基準です。

以下の「扶養親族」は簡単に言うとあなたの稼ぎで生活する子供や親等のことです。
※0人とは前年が離婚前で相手の扶養に入っていた場合など

※以降1人につき38万円を加算
所得額実際の収入から各控除の金額を差し引いた金額になるので、上の金額より収入が多い場合でも受給できる場合があります。







































条件の良い仕事を探したい方はこちら





秋田県のシングルマザーをサポートする児童扶養手当

母子手当ては、シングルマザーや同様の境遇の家庭への大切な支援の一環です。

この手当は、経済格差を少なくして、子育てをサポートすることで、ひとり親家庭の子供が健全に成長していくことを応援する役割を持っています。

秋田県の家計が厳しい家庭では食費や衣料費といった日々の生活費用は軽くない重荷になります。

母子手当は、こういった生活費の課題を解決する補助金ということで、経済的負担を少なくします。

母子手当というのは、子どもの学べる環境を整えて、必要な時に医療費をカバーすることで、子供たちが心置きなく過ごせる環境をつくる方策になっています。

母子手当は養育支援の役目も持っています。

シングルマザーやシングルファザーは、単独で子供の養育、教育、健康管理といった日常生活の全般のすべてを担っていく必要があります。

秋田県において、母子手当は格差を緩和すると共に、シングルマザーやシングルファザーの育児を応援する不可欠な施策です。





最初にもどる

児童扶養手当がもらえる給付対象者の条件は?

最初にもどる

秋田県の母子手当は親の離婚や死亡等のために父や母と生計が異なる子どもの家庭、ひとり親家庭の生活を支援する制度で、以下の条件に当てはまる児童を養育する方が対象です

  • 父母が結婚を解消した児童
  • 父または母が死亡した児童
  • 父または母が政令で定める程度の障害の状態にある児童
  • 父または母の生死が明らかでない児童
  • 父または母から1年以上遺棄されている児童
  • 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  • 父または母が1年以上拘禁されている児童
  • 母が婚姻しないで生まれた児童
  • 父・母ともに不明である児童(孤児など)

例外として、以下のケースには母子手当は支給されません。

  • 対象児童が児童福祉施設などに入所している
  • 対象児童が里親に預けられている
  • 対象児童が申請者でない父または母と生計を同じくしている
  • 対象児童が(申請者の父または母の)配偶者(事実上の配偶者を含む)に養育されている
  • 対象児童が日本国内に住所がない
  • 申請者の父または母が婚姻の届出はしていなくても事実上の婚姻関係(内縁関係など)がある
  • 申請者が日本国内に住所がないとき。

児童の年齢は18歳に達する日以後の最初の3月31日までで、政令の定める程度の障害の状態にある児童は20歳未満になります。





最初にもどる

母子手当の児童扶養手当でもらえる金額は?

秋田県でも、母子手当ては児童の人数と所得によってもらえる支給額の金額を決めます

所得が少ない方を支援する制度なので、所得が多いともらえる金額は減少し、所得制限になると支給額はゼロとなります。

所得制限については、別の項「母子手当の児童扶養手当の所得制限」で解説しています。

児童もらえる金額
1人■全額支給の場合
月額44,140円
※一部支給の場合
(所得により減額)
月額44,130円〜10,410円
2人■全額支給の場合
月額54,560円
※一部支給の場合
(所得により減額)
月額54,540円〜15,620円
3人
以上
児童1人ごとに
3,130円〜6,250円加算





最初にもどる

母子手当に所得制限はある?

最初にもどる

母子手当の児童扶養手当は秋田県でも所得制限が設定されています。

前の年の年間の所得額が基準です。

以下の「扶養親族」とは簡単に言うと子供や親などといった親族において、あなたの収入で生活する人のことになります。

扶養親族等の数 0人のとき

全額支給できる所得額
490,000円未満
一部支給される所得額
1,920,000円未満
孤児等の養育者の所得額
2,360,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
2,360,000円未満

扶養親族等の数 1人のとき

全額支給できる所得額
870,000円未満
一部支給される所得額
2,300,000円未満
孤児等の養育者の所得額
2,740,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
2,740,000円未満

扶養親族等の数 2人のとき

全額支給できる所得額
1,250,000円未満
一部支給される所得額
2,680,000円未満
孤児等の養育者の所得額
3,120,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
3,120,000円未満

以降は、扶養親族等の数 1人につき38万円を加算した額

上の額より「収入」が上の人でも対象者になることがあります。

「所得額」というのは「収入」から給与所得控除とかひとり親控除等の各控除額を除いた金額なので、
手元の「収入」より低い額となるためです。

養育費を受け取っているケースでは、年の養育費の8割が「所得」に足されるので注意が必要になります。





最初にもどる

母子家庭の児童扶養手当ての支給日はいつ?

最初にもどる

一般的に1月・3月・5月・7月・9月・11月の奇数月の11日です。11日が休日にあたるときは前日となるケースが多いです。
金融機関により入金まで3〜4日を要することもあります。
児童扶養手当の受給資格が認定されると翌月分から支給されます。





最初にもどる

秋田県のシングルマザーの児童扶養手当ての手続きと申請方法は?

最初にもどる

児童扶養手当ての手続きは秋田県の役所で申請します。

申請手続きのための書類は以下の通りです。

  • 児童扶養手当認定請求書
    ※役所でもらえます。
  • 請求者と対象児童の戸籍謄本または戸籍抄本
    ※役所で取得できます。
  • 請求者と対象児童が含まれる世帯全員の住民票の写し
    ※役所で取得できます。
  • 前年の所得証明書
    ※役所で取得できます。
  • 本人確認書類
    ※マイナンバーカード,自動車運転免許証,パスポート,健康保険証など。

ほかに念のため、預貯金通帳や印鑑を用意しておくと安心です。
児童扶養手当を振り込んでもらう金融機関の振込口座番号について準備しておきましょう。
さらに、マイナンバーカードなどで個人番号を準備しておきましょう。





最初にもどる

就学援助制度で子供の教育費がサポートされる

リストにもどる

金銭的な事情で困っている秋田県の小・中学生を支援する就学援助制度というものもあります。
支援の対象は教育についてのものとなりますが、修学旅行費、医療費、給食費等が援助されます。

くわしくは→就学援助制度で子供の教育費の補助を【対象者は?年収は?】




リストにもどる

障がいのある子どものための特別児童扶養手当

リストにもどる

20歳未満の障がいがある子どもを保護監督している父親、母親などの養育者特別児童扶養手当があります。
障害等級の1級、または2級の要件に該当していることが条件になります。
特別児童扶養手当は年3回、4カ月分ずつもらえます。
金額は月に1級が53,700円、2級が35,760円になります。
児童扶養手当と同時に受給可能です。

くわしくは→特別児童扶養手当の金額と受給資格と所得制限




リストにもどる

障害児福祉手当の受給資格と金額

リストにもどる

障害児童福祉手当を受給できる条件は20歳未満の在宅の障害児である事が第一の受給要件になります。

加えて身体障害者手帳1級と2級の一部に認定されている事、療育手帳1度または2度の一部に認定されている事、またはまたは精神障害がある児童となります。

金額は月に15,220円です。

障害児福祉手当は特別児童扶養手当とも一緒に受給できます。

くわしくは→障害児福祉手当の受給資格と金額と申請手続き




リストにもどる

障害年金と児童扶養手当は一緒に受給できる?

リストにもどる

令和3年3月より一緒に受給できるようになりました。
ただし、障害年金が優先して支給されて、児童扶養手当の月額から、障害年金の子の加算部分の月額を引いた差額が児童扶養手当として支給されます。




リストにもどる

ひとり親家庭等医療費助成制度

リストにもどる

ひとり親家庭の子供と親または子供を養育している人が病院などで診察を受けた時に、健康保険の自己負担分の一部が助成される制度になります。
この制度では、申請者および児童が健康保険に加入していない場合や生活保護を受けている場合については対象になりません。




リストにもどる

ひとり親家庭のための住宅手当

リストにもどる

国全体での母子家庭や父子家庭の住宅手当を支払う制度はないのですが、自治体によってはひとり親家庭の住宅手当の制度が設けられています。
支援内容は個々の自治体によってさまざまですが月当たり5千円から1万円程度のところが多くなっています。









母子家庭の方が秋田県でもらえる母子手当

離婚により片親になってしまった方は毎月養育費を払ってもらっているというような場合が秋田県でも多いです。それらの際には養育費の支払いを暮らしを維持していく上で頼っている方が多いですが、きちっと支払われなかったり、ある時期を境に、ほとんど支払いが滞る等といったリスクも考慮に入れておいてください。離婚をすすめる際には公正証書に残すようにするのがベストですが、とにかく書類にして両者で署名するようにすると、厄介事を防ぐこともできます。

シングルマザーを補助する制度というと児童扶養手当ですが、ほかにも、つかえるシステムは揃っています。たとえば、ひとり親向けの医療費を助成する制度によって、医療費を部分的に支援してもらえて、秋田県などの役場の保険年金課にて申し出れば使えるようになります。さらに、シングルマザーにかぎったものとは違いますが、年金などを払うのが難しい際は申し込めば納付額の全額とか半額を免除してもらう事ができます。生活費の負荷をへらすためにも活用したい助成です。

秋田県のおすすめ情報

佐藤医院山本郡三種町森岳字町尻13番地0185-83-2326
医療法人 久保胃腸科内科医院湯沢市前森三丁目3番18号0183-72-6868
山内診療所横手市山内平野沢字相野々3番地の10182-53-2211
設楽産婦人科内科クリニック秋田市外旭川字前谷地43番1号018-816-0311
森田泌尿器科大館市赤館町9番45号0186-45-1570
大曲みなみクリニック大仙市大曲日の出町2丁目3番27号0187-86-3250









条件の良い仕事を探したい方はこちら





ページの先頭へ