母子家庭の方が愛媛県でもらえる手当と支援がわかります










児童扶養手当の所得制限は?

前の1年間の所得額が基準です。

以下の「扶養親族」は簡単に言うとあなたの稼ぎで生活する子供や親等のことです。
※0人とは前年が離婚前で相手の扶養に入っていた場合など

※以降1人につき38万円を加算
所得額実際の収入から各控除の金額を差し引いた金額になるので、上の金額より収入が多い場合でも受給できる場合があります。







































条件の良い仕事を探したい方はこちら





愛媛県のシングルマザーの児童扶養手当

母子手当てはシングルマザーや同様の状況の世帯のための重要な生活支援の一環です。

児童扶養手当は、経済的な格差をなくす方向で、育児を支援することによって、ひとり親家庭の子どもが元気に成長していくことをサポートする目的を持っています。

愛媛県の家計が厳しい家庭にとっては、食費や衣類費、教育費、医療費のような日々の出費というのは少なくない負担になってきます。

母子手当ては、このような生活費の問題に対処するための補助金として、家計の負荷を解決します。

児童扶養手当は、子供たちの学ぶ環境を整えたり、必要なときに医療費をカバーすることで、彼らが心配なく成長できる環境をつくる施策になります。

母子手当というのは子育て支援の役割も含んでいます。

シングルマザーやシングルファザーというのは、一人で子どもたちの養育、健康等といった日常をすべて支えなければなりません。

愛媛県において、母子手当は、お金の格差を緩和するだけでなく、シングルマザーやシングルファザーの育児を支援する意義ある施策です。





最初にもどる

母子手当がもらえる給付対象者の条件は?

最初にもどる

愛媛県の母子手当は、両親の離婚や死亡などのために父や母と生計が異なる子どもがいる世帯、つまりひとり親家庭の生活を支える制度であり、以下の条件に当たる児童を養育する方が対象です

  • 父母が結婚を解消した児童
  • 父または母が死亡した児童
  • 父または母が政令で定める程度の障害の状態にある児童
  • 父または母の生死が明らかでない児童
  • 父または母から1年以上遺棄されている児童
  • 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  • 父または母が1年以上拘禁されている児童
  • 母が婚姻しないで生まれた児童
  • 父・母ともに不明である児童(孤児など)

例外として、以下のケースは手当は支給されません。

  • 対象児童が児童福祉施設などに入所している
  • 対象児童が里親に預けられている
  • 対象児童が申請者でない父または母と生計を同じくしている
  • 対象児童が(申請者の父または母の)配偶者(事実上の配偶者を含む)に養育されている
  • 対象児童が日本国内に住所がない
  • 申請者の父または母が婚姻の届出はしていなくても事実上の婚姻関係(内縁関係など)がある
  • 申請者が日本国内に住所がないとき。

児童の年齢は、18歳に達する日以後の最初の3月31日までで、政令の定める程度の障害の状態にある児童は20歳未満になります。





最初にもどる

母子手当の児童扶養手当でもらえる金額は?

愛媛県でも、母子手当ては児童の人数と所得でもらえる支給額の金額が決まります

所得が足りない方を助ける給付金ですから、所得が増えるともらえる金額は減少し、所得制限を超えるともらえる金額は0円です。

所得制限の詳細は、この後の「母子手当の児童扶養手当の所得制限」で解説しています。

児童もらえる金額
1人■全額支給の場合
月額44,140円
※一部支給の場合
(所得により減額)
月額44,130円〜10,410円
2人■全額支給の場合
月額54,560円
※一部支給の場合
(所得により減額)
月額54,540円〜15,620円
3人
以上
児童1人ごとに
3,130円〜6,250円加算





最初にもどる

母子手当に所得制限はある?

最初にもどる

母子手当の児童扶養手当には愛媛県でも所得制限が存在します。

前の年の年間の所得額が基準です。

以下の「扶養親族」というのは簡潔に言うと子供や親等の親族の中で、あなたの収入で生活している人のことになります。

扶養親族等の数 0人のとき

全額支給できる所得額
490,000円未満
一部支給される所得額
1,920,000円未満
孤児等の養育者の所得額
2,360,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
2,360,000円未満

扶養親族等の数 1人のとき

全額支給できる所得額
870,000円未満
一部支給される所得額
2,300,000円未満
孤児等の養育者の所得額
2,740,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
2,740,000円未満

扶養親族等の数 2人のとき

全額支給できる所得額
1,250,000円未満
一部支給される所得額
2,680,000円未満
孤児等の養育者の所得額
3,120,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
3,120,000円未満

以降は、扶養親族等の数 1人につき38万円を加算した額

上の額よりも「収入」が上回っている方ももらえることがあります。

「所得額」というのは「収入」から給与所得控除やひとり親控除等の各控除の金額を除いた金額になりますので、
実際の「収入」よりも低い額になるからです。

養育費を受け取っている方は、年の養育費の8割が「所得」に加えられるため注意が必要になります。





最初にもどる

母子家庭の児童扶養手当の支給日はいつ?

最初にもどる

通常1月・3月・5月・7月・9月・11月の奇数月の11日です。11日が休日のときは前日となる場合が多いです。
金融機関により振り込まれるまでに3〜4日を要するケースもあります。
児童扶養手当の受給資格が認定されると翌月分より受給できます。





最初にもどる

愛媛県の母子家庭の児童扶養手当の手続きと申請方法は?

最初にもどる

児童扶養手当の手続きは、愛媛県の役所で申請します。

請求手続きに持っていくものは以下の通りです。

  • 児童扶養手当認定請求書
    ※役所でもらえます。
  • 請求者と対象児童の戸籍謄本または戸籍抄本
    ※役所で取得できます。
  • 請求者と対象児童が含まれる世帯全員の住民票の写し
    ※役所で取得できます。
  • 前年の所得証明書
    ※役所で取得できます。
  • 本人確認書類
    ※マイナンバーカード,自動車運転免許証,パスポート,健康保険証など。

その他に念のため、預貯金通帳と印鑑を用意しておくと安心です。
児童扶養手当を受け取る金融機関の口座番号も準備しておきましょう。
さらに、マイナンバーカード等で個人番号も準備しておきましょう。





最初にもどる

就学援助制度で子供の教育費がサポートされる

リストにもどる

お金の事情で困っている愛媛県の小・中学生を支援する就学援助制度というものがあります。
援助の対象は、就学についてのものになりますが、修学旅行費、給食費、学用品等が支援されます。

くわしくは→就学援助制度で子供の教育費の補助を【対象者は?年収は?】




リストにもどる

障がいのある子供のための特別児童扶養手当

リストにもどる

20歳未満の障がいのある子どもを保護監督している父親、母親等の養育者に対して特別児童扶養手当の給付が行われます。
障害等級の1級、または2級の要件に該当していることが条件です。
特別児童扶養手当は年に3回、4カ月分ずつ受給できます。
金額は月に1級が53,700円、2級が35,760円です。
児童扶養手当とも一緒にもらうことができます。

くわしくは→特別児童扶養手当の金額と受給資格と所得制限




リストにもどる

障害児福祉手当の受給資格と金額

リストにもどる

障害児童福祉手当をもらえる条件は20歳未満の在宅の障害児である事が第一の受給要件になります。

加えて身体障害者手帳1級と2級の一部に認定されていること、療育手帳1度または2度の一部に認定されている事、または同等の障害、となります。

金額は月に15,220円です。

障害児福祉手当については特別児童扶養手当と両方とも受給可能です。

くわしくは→障害児福祉手当の受給資格と金額と申請手続き




リストにもどる

障害年金と児童扶養手当は一緒に受給できる?

リストにもどる

令和3年3月から一緒にもらえるようになりました。
ただし、障害年金の方が優先して支給されて、児童扶養手当の月額より、障害年金の子の加算部分の月額を差し引いた額が児童扶養手当として支給されます。




リストにもどる

ひとり親家庭等医療費助成制度

リストにもどる

ひとり親家庭の子供と親または子供を養育している人が病院などで診察を受けた時に、健康保険の自己負担分の一部が助成される制度です。
申請者および児童が健康保険に加入していない場合、生活保護を受けている時については対象になりません。




リストにもどる

ひとり親家庭のための住宅手当とは

リストにもどる

国全体でひとり親家庭の住宅手当を支給する制度はありませんが、自治体によりひとり親家庭の住宅支援の制度が設けられています。
支援金額は個々の自治体によってさまざまですが月に5千円から1万円程度のケースが多いです。









母子家庭の方が愛媛県でもらえる母子手当

相手方が養育費を納めない等というような厄介事が発生してしまうケースは愛媛県でも多いです。相手方の経済的な負担が多すぎて養育費のためのお金を準備できない場合は実情に即した対応策を取らなくてはいけませんが、支払うことが可能なのに養育費を滞納する際には、厳正な措置をしていきましょう。離婚する際に公正証書を作らなかったときも、支払いを求める調停を家裁に申し込むことができます。約千円にて行えて、弁護士などをつけなくてもOKですので、家庭裁判所に足を運んでみましょう。

育児世帯の補助として、就学援助制度というものがあり、学校生活で必要な学用品や給食費などの補助がなされます。各自治体の教育委員会にみとめられた方が受けられますが、母子家庭で児童扶養手当を受けている人であれば認定される見通し大です。愛媛県でも、小学校や中学校が始まる時に申請書類が渡されて申し込むこととなりますが、学年の時期に限らず申請することはできますので個々の学校側に問い合わせしてみることをおすすめしまます。

愛媛県のおすすめ情報

中山皮膚科クリニック新居浜市中須賀町一丁目6番10号0897-32-9062
秦医院越智郡上島町弓削下弓削127番地の50897-77-2074
黒田医院西条市石田319の10898-64-3780
松山城東病院松山市松末2丁目19番36号089-943-7717
行本医院西条市三芳155番地10898-66-0609
こいずみ形成外科皮ふ科松山市久米窪田町775-5089-976-8000









条件の良い仕事を探したい方はこちら





ページの先頭へ