母子家庭の方が京都府でもらえる手当と支援がわかります










児童扶養手当の所得制限は?

前の1年間の所得額が基準です。

以下の「扶養親族」は簡単に言うとあなたの稼ぎで生活する子供や親等のことです。
※0人とは前年が離婚前で相手の扶養に入っていた場合など

※以降1人につき38万円を加算
所得額実際の収入から各控除の金額を差し引いた金額になるので、上の金額より収入が多い場合でも受給できる場合があります。







































条件の良い仕事を探したい方はこちら





京都府のシングルマザーを支援する児童扶養手当

母子手当は、シングルマザーや同様の状況にある家庭への制度になります。

母子手当ては、経済的な格差をなくす方向で、育児を支援することによって、ひとり親家庭の子供達が健やかに成長することを応援する狙いがあります。

京都府の経済的に厳しい状況にある家庭では、食費や衣料費等の日々の生活費というのは重い重荷になってきます。

母子手当ては、こうしたお金の課題を解決する給付金として、家計の負担を軽減します。

母子手当というのは、子どもたちの学べる環境を整えたり、必要なときに医療にかかる費用を補うことで、子供たちが心おきなく成長していける環境を準備する手段となっています。

母子手当は子育てサポートの役目も含んでいます。

シングルマザーやシングルファザーは、一人で子どもたちの教育、養育について日常を背負わなければなりません。

京都府にて、児童扶養手当は、格差を少なくするとともに、母子家庭や父子家庭の養育を支援する欠かせない施策です。





最初にもどる

児童扶養手当がもらえる支給対象者の条件は?

最初にもどる

京都府の母子手当は、両親の離婚や死別等で父または母と生計を同じくしていない子供の家庭、つまりひとり親家庭の暮らしを支える制度であり、以下の条件に当てはまる児童を養育する方が受け取れます

  • 父母が結婚を解消した児童
  • 父または母が死亡した児童
  • 父または母が政令で定める程度の障害の状態にある児童
  • 父または母の生死が明らかでない児童
  • 父または母から1年以上遺棄されている児童
  • 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  • 父または母が1年以上拘禁されている児童
  • 母が婚姻しないで生まれた児童
  • 父・母ともに不明である児童(孤児など)

ただし、以下のようなケースは母子手当ては支給されません。

  • 対象児童が児童福祉施設などに入所している
  • 対象児童が里親に預けられている
  • 対象児童が申請者でない父または母と生計を同じくしている
  • 対象児童が(申請者の父または母の)配偶者(事実上の配偶者を含む)に養育されている
  • 対象児童が日本国内に住所がない
  • 申請者の父または母が婚姻の届出はしていなくても事実上の婚姻関係(内縁関係など)がある
  • 申請者が日本国内に住所がないとき。

児童の年齢は、18歳に達する日以後の最初の3月31日までで、政令の定める程度の障害の状態にある児童は20歳未満となっています。





最初にもどる

母子手当の児童扶養手当でもらえる金額は?

京都府でも、母子手当は児童の人数や所得でもらえる支給額の金額を決めます

所得が十分でない方を支える制度のため、所得が高くなるともらえる金額は減少していき、所得制限に達すると金額は0円になります。

所得制限の詳細は、この後の「母子手当の児童扶養手当の所得制限」で解説しています。

児童もらえる金額
1人■全額支給の場合
月額44,140円
※一部支給の場合
(所得により減額)
月額44,130円〜10,410円
2人■全額支給の場合
月額54,560円
※一部支給の場合
(所得により減額)
月額54,540円〜15,620円
3人
以上
児童1人ごとに
3,130円〜6,250円加算





最初にもどる

母子手当に所得制限はある?

最初にもどる

母子手当の児童扶養手当は京都府でも所得制限があります。

前の年の年間の所得額が基準です。

以下の「扶養親族」とは一言でいうと子供や親等の親族において、あなたの稼ぎで養っている人のことになります。

扶養親族等の数 0人のとき

全額支給できる所得額
490,000円未満
一部支給される所得額
1,920,000円未満
孤児等の養育者の所得額
2,360,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
2,360,000円未満

扶養親族等の数 1人のとき

全額支給できる所得額
870,000円未満
一部支給される所得額
2,300,000円未満
孤児等の養育者の所得額
2,740,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
2,740,000円未満

扶養親族等の数 2人のとき

全額支給できる所得額
1,250,000円未満
一部支給される所得額
2,680,000円未満
孤児等の養育者の所得額
3,120,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
3,120,000円未満

以降は、扶養親族等の数 1人につき38万円を加算した額

上記金額と比較して「収入」の多い方でも対象となる可能性があります。

「所得額」は「収入」の金額から給与所得控除とかひとり親控除等の各控除の金額を除いた金額ですので、
手元の「収入」よりも低めの金額になるためです。

養育費を受け取っている場合は、年の養育費の8割が「所得」に加算されますため注意が必要です。





最初にもどる

シングルマザーの母子手当の支給日はいつ?

最初にもどる

通常1月・3月・5月・7月・9月・11月の奇数月の11日で、11日が休日にあたるときはその前の日になるケースが多いです。
金融機関により入金されるまでに3〜4日後になる場合があります。
児童扶養手当の受給資格が認定されると翌月分より支給されます。





最初にもどる

京都府の母子家庭の児童扶養手当ての手続きと申請方法は?

最初にもどる

母子手当ての手続きは京都府の役所で申請します。

申請手続きに持っていくものは以下の通りです。

  • 児童扶養手当認定請求書
    ※役所でもらえます。
  • 請求者と対象児童の戸籍謄本または戸籍抄本
    ※役所で取得できます。
  • 請求者と対象児童が含まれる世帯全員の住民票の写し
    ※役所で取得できます。
  • 前年の所得証明書
    ※役所で取得できます。
  • 本人確認書類
    ※マイナンバーカード,自動車運転免許証,パスポート,健康保険証など。

ほかに念のため、預貯金通帳と印鑑を用意しておくと安心です。
児童扶養手当を振り込んでもらう金融機関の口座番号を伝えられるようにしておきましょう。
また、マイナンバーカードなどで個人番号について伝えられるようにしておきましょう。





最初にもどる

就学援助制度で子供の教育費が補助される

リストにもどる

金銭的な事情で支援が必要な京都府の世帯の小・中学生を支える就学援助制度というものもあります。
支援の対象は就学関連のものに限られますが、修学旅行費、学用品、給食費などが援助されます。

くわしくは→就学援助制度で子供の教育費の補助を【対象者は?年収は?】




リストにもどる

障がいのある子供のための特別児童扶養手当

リストにもどる

20歳未満の障がいのある子供を家庭で保護監督している父親、母親などの養育者特別児童扶養手当がもらえます。
障害等級の1級、または2級の要件に該当していることが条件です。
特別児童扶養手当は年3回、4カ月分ずつ支給されます。
金額は月額で1級が53,700円、2級が35,760円になります。
児童扶養手当とも一緒に受給可能です。

くわしくは→特別児童扶養手当の金額と受給資格と所得制限




リストにもどる

障害児福祉手当の受給資格と金額

リストにもどる

障害児童福祉手当が支給される条件は20歳未満の在宅の障害児である事が第一の受給要件です。

対象となるのは身体障害者手帳1級と2級の一部に認定されていること、療育手帳1度または2度の一部に認定されている事、またはまたは精神障害がある児童とされています。

支給金額は月に15,220円になります。

障害児福祉手当は特別児童扶養手当と同時に受給することができます。

くわしくは→障害児福祉手当の受給資格と金額と申請手続き




リストにもどる

障害年金と児童扶養手当は一緒に受給できる?

リストにもどる

令和3年3月から同時に支給されるようになりました。
ただし、障害年金が優先して支給されて、児童扶養手当の月額より、障害年金の子の加算部分の月額を引いた差額が児童扶養手当として支給されます。




リストにもどる

ひとり親家庭等医療費助成制度

リストにもどる

ひとり親家庭の子供と親または子どもを養育している人が診察を受けた際に、健康保険の自己負担分の一部が助成される制度になります。
申請者および児童が健康保険に加入していない場合、生活保護を受けている時は対象外になります。




リストにもどる

母子家庭や父子家庭の住宅手当とは

リストにもどる

国全体でひとり親家庭の住宅手当を支給する制度はないのですが、自治体によっては母子家庭や父子家庭の住宅支援の制度があるところもあります。
支援内容は個々の自治体により違いますが月当たり5千円から1万円程度のところが多いです。









母子家庭の方が京都府でもらえる母子手当

離婚の後に相手側が養育費を納めないなどの問題になるケースは京都府でも多くあります。相手側の負担する金額が多いため養育費のための金額を準備できないケースでは現状に即した対応策も必要となりますが、払うことが可能なのに養育費を滞納するときには、きちんとした措置をとるようにしましょう。離婚のときに公正証書を作成していないときも、支払いを請求する調停を家庭裁判所に申し込むこともできます。千円程にて起こせますし、弁護士などと契約する必要はありませんので、家庭裁判所に聞いてみることをオススメします。

京都府のシングルマザーの方によっては、お金が大変になり月の支払が遅延しがちになる事も多々あると思います。保険料、新聞代など、月の請求額が増えると滞納してしまいがちです。そのような際に気をつけたいのが遅延金です。納付期日に遅れてしまった遅延分については遅延利息を加えて払わないといけなくなってしまうといったケースも多数あります。そのときの延滞利息は思いのほか高めになってしまい、十数%を上回ってくるケースがほとんどになるため、金利が低く借金できるキャッシングで借金をして納付したほうが金額が少ないといった場合も珍しくありません。

京都府のおすすめ情報

医療法人温心会 おがわ内科呼吸器内科医院京都市中京区西ノ京銅駝町75番地1075-432-8448
栗田医院京都市中京区錦小路通室町西入天神山町282
くらた医院京都市南区西九条島町28番地075-662-7277
医療法人 大塚医院京都市右京区梅津前田町65-4075-881-3088
医療法人社団 爽明会 土井診療所京都市右京区西京極西川町17-24075-313-0858
医療法人 清水会 京都伏見しみず病院京都市伏見区越前町609075-611-2256









条件の良い仕事を探したい方はこちら





ページの先頭へ