母子家庭の方が奈良県でもらえる手当と支援がわかります










児童扶養手当の所得制限は?

前の1年間の所得額が基準です。

以下の「扶養親族」は簡単に言うとあなたの稼ぎで生活する子供や親等のことです。
※0人とは前年が離婚前で相手の扶養に入っていた場合など

※以降1人につき38万円を加算
所得額実際の収入から各控除の金額を差し引いた金額になるので、上の金額より収入が多い場合でも受給できる場合があります。







































条件の良い仕事を探したい方はこちら





奈良県の母子家庭のシングルマザーをサポートする児童扶養手当

母子手当ては、母子家庭や同様の状況の世帯に対する大切な支援になります。

母子手当は、格差をなくす方向で、子育てを応援することにより、ひとり親家庭の子どもがすくすくと成長することをサポートする目的があります。

奈良県の経済的に余裕がない状況にある家庭では食料や教育や医療などにかかる費用といった生活関連の費用というのは多大な負担となり得ます。

児童扶養手当は、このようなお金の問題に対処する給付金として、経済的負担を軽減します。

母子手当は、子どもの学ぶ環境を整えて、もしもの時に医療費を提供することにより、彼らが不安なく育つことができる場を整備する施策となります。

母子手当ては育児援助の役割も含んでいます。

シングルマザーやシングルファザーは、単独で子どもの教育、養育等といった日常生活の全般のすべてを担っていく必要があります。

奈良県において、児童扶養手当は格差を縮小するとともに、母子家庭や父子家庭の育児を応援する欠かせない支援金になります。





最初にもどる

母子手当がもらえる給付対象者の条件は?

最初にもどる

奈良県の児童扶養手当は父母の離婚や死別等により父や母と生計が異なる子どもの家庭、いわゆるひとり親家庭の暮らしをサポートする施策になっていて、以下の条件に当たる児童を養育する方が対象になります

  • 父母が結婚を解消した児童
  • 父または母が死亡した児童
  • 父または母が政令で定める程度の障害の状態にある児童
  • 父または母の生死が明らかでない児童
  • 父または母から1年以上遺棄されている児童
  • 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  • 父または母が1年以上拘禁されている児童
  • 母が婚姻しないで生まれた児童
  • 父・母ともに不明である児童(孤児など)

例外として、以下の場合には手当はもらえません。

  • 対象児童が児童福祉施設などに入所している
  • 対象児童が里親に預けられている
  • 対象児童が申請者でない父または母と生計を同じくしている
  • 対象児童が(申請者の父または母の)配偶者(事実上の配偶者を含む)に養育されている
  • 対象児童が日本国内に住所がない
  • 申請者の父または母が婚姻の届出はしていなくても事実上の婚姻関係(内縁関係など)がある
  • 申請者が日本国内に住所がないとき。

児童の年齢は、18歳に達する日以後の最初の3月31日までで、政令の定める程度の障害の状態にある児童は20歳未満になります。





最初にもどる

母子手当の児童扶養手当でもらえる金額は?

奈良県でも、母子手当は児童の数や所得によりもらえる支給額の金額が決められます

所得が十分でない方へサポートする制度ですから、所得が多いともらえる金額は減っていき、所得制限に達すると金額は0円になります。

所得制限については、この後の「母子手当の児童扶養手当の所得制限」で説明しています。

児童もらえる金額
1人■全額支給の場合
月額44,140円
※一部支給の場合
(所得により減額)
月額44,130円〜10,410円
2人■全額支給の場合
月額54,560円
※一部支給の場合
(所得により減額)
月額54,540円〜15,620円
3人
以上
児童1人ごとに
3,130円〜6,250円加算





最初にもどる

母子手当に所得制限はある?

最初にもどる

母子手当の児童扶養手当は奈良県でも所得制限が設定されています。

前の年の年間の所得額が基準です。

以下の「扶養親族」というのは一言でいうと子供や親等というような親族の中で、あなたの稼ぎで養っている人のことです。

扶養親族等の数 0人のとき

全額支給できる所得額
490,000円未満
一部支給される所得額
1,920,000円未満
孤児等の養育者の所得額
2,360,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
2,360,000円未満

扶養親族等の数 1人のとき

全額支給できる所得額
870,000円未満
一部支給される所得額
2,300,000円未満
孤児等の養育者の所得額
2,740,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
2,740,000円未満

扶養親族等の数 2人のとき

全額支給できる所得額
1,250,000円未満
一部支給される所得額
2,680,000円未満
孤児等の養育者の所得額
3,120,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
3,120,000円未満

以降は、扶養親族等の数 1人につき38万円を加算した額

上記金額と比べて「収入」が上の方も対象になることがあります。

「所得額」は「収入」から給与所得控除とかひとり親控除等の各控除金額を除いた金額なので、
手元の「収入」よりも低めの金額になるためです。

養育費をもらっている人は、年の養育費について8割が「所得」に加えられるので注意が必要です。





最初にもどる

母子家庭の母子手当ての支給日はいつ?

最初にもどる

一般的に1月・3月・5月・7月・9月・11月の奇数月の11日です。11日が休日にあたる時は前の日となる場合が多いです。
金融機関により入金されるまで3〜4日を要する場合もあります。
児童扶養手当の受給資格が認定されると翌月分から支給されます。





最初にもどる

奈良県のシングルマザーの児童扶養手当ての手続きと申請方法は?

最初にもどる

母子手当の手続きは奈良県の役所で申請します。

申請手続きに持っていくものは以下の通りです。

  • 児童扶養手当認定請求書
    ※役所でもらえます。
  • 請求者と対象児童の戸籍謄本または戸籍抄本
    ※役所で取得できます。
  • 請求者と対象児童が含まれる世帯全員の住民票の写し
    ※役所で取得できます。
  • 前年の所得証明書
    ※役所で取得できます。
  • 本人確認書類
    ※マイナンバーカード,自動車運転免許証,パスポート,健康保険証など。

そのほかに念のため、預貯金通帳、印鑑を用意しておくと安心です。
児童扶養手当を振り込んでもらう金融機関の振込口座番号も伝えられるようにしておきましょう。
さらに、マイナンバーカードなどで個人番号も準備しておきましょう。





最初にもどる

就学援助制度で子供の教育費が補助される

リストにもどる

金銭面で支援が必要な奈良県の世帯の小・中学生を支える就学援助制度という制度があります。
サポートの対象は教育についてのもの限定ですが、修学旅行費、学用品、給食費等が援助されます。

くわしくは→就学援助制度で子供の教育費の補助を【対象者は?年収は?】




リストにもどる

障がいをもつ子どものための特別児童扶養手当

リストにもどる

20歳未満の障がいのある子どもを保護監督している父親、母親等の養育者について特別児童扶養手当がもらえます。
障害等級の1級、または2級の要件に該当していることが条件です。
特別児童扶養手当は年に3回、4カ月分ずつ受給できます。
支給金額は月に1級が53,700円、2級が35,760円です。
児童扶養手当とも一緒にもらうことができます。

くわしくは→特別児童扶養手当の金額と受給資格と所得制限




リストにもどる

障害児福祉手当の受給資格と金額

リストにもどる

障害児童福祉手当をもらえる条件は20歳未満の在宅の障害児である事が第一の受給要件です。

対象となるのは身体障害者手帳1級と2級の一部に認定されていること、療育手帳1度または2度の一部に認定されている事、またはまたは精神障害がある児童となっています。

金額は月に15,220円になります。

障害児福祉手当については特別児童扶養手当と両方とも受給することができます。

くわしくは→障害児福祉手当の受給資格と金額と申請手続き




リストにもどる

障害年金と児童扶養手当は一緒に受給できる?

リストにもどる

令和3年3月から一緒に受け取れるようになりました。
ただし、障害年金の方が優先して支給されて、児童扶養手当の月額から、障害年金の子の加算部分の月額を差し引いた金額が児童扶養手当として支給されます。




リストにもどる

ひとり親家庭等医療費助成制度

リストにもどる

ひとり親家庭の子どもと親または子どもを養育している人が医療を受ける時に、健康保険の自己負担分の一部が助成される制度になります。
申請者および児童が健康保険に加入していない時、生活保護を受けている場合については対象になりません。




リストにもどる

母子家庭や父子家庭のための住宅手当とは

リストにもどる

国全体で母子家庭や父子家庭の住宅手当を支払う制度はありませんが、自治体によってはひとり親家庭の住宅手当がある場合があります。
支援金額はそれぞれの自治体によって違いますが月額で5千円から1万円程度のところが多いです。









母子家庭の方が奈良県でもらえる母子手当

相手側が養育費を納めない等のごたごたになってしまうことは奈良県でも多々あります。相手方の支払額が大きくて養育費を捻出できない時は現実的な対策を取る必要がありますが、支払うことができるのに養育費を払わない時には、それ相応の処置をとるようにしましょう。離婚時に公正証書を作らなかった際も、調停を家裁に申し込むこともできます。1000円程度にて申し立てできますし、弁護士などと契約する必要はありませんので、とにかく相談するようにしましょう。

シングルマザーという単語は奈良県では自然に使われていますが、父子家庭については、あまり用いられません。実際、昔は児童扶養手当は母子家庭の子のみに支払われて、父子家庭はもらえませんでしたが、2010年より、父子家庭についてももらえるように修正されました。子どもが低年齢の際には親権は母親になることが多いため父子家庭というのは数が少なかったり、父側というのは収入になる職を持っている場合が大半だったため、以前は支給されませんでしたが、シングルマザーだけでなく、父子家庭もサポートが必要であると判断されたということです。

奈良県のおすすめ情報

医療法人阿部診療所生駒市元町1丁目13-1グリーンヒルいこま4階743747277
北岡クリニック奈良市林小路町1-110742-23-9805
鈴木外科整形外科生駒市小明町1057-40743-71-8970
ファミリークリニック戸田奈良市登美ケ丘1ー1ー130742-52-5500
やすらぎ診療所奈良市法蓮町1247-10742-23-9893
医療法人優心会 吉江医院桜井市東新堂83-10744-46-3340









条件の良い仕事を探したい方はこちら





ページの先頭へ