母子家庭の方が大分県でもらえる手当と支援がわかります










児童扶養手当の所得制限は?

前の1年間の所得額が基準です。

以下の「扶養親族」は簡単に言うとあなたの稼ぎで生活する子供や親等のことです。
※0人とは前年が離婚前で相手の扶養に入っていた場合など

※以降1人につき38万円を加算
所得額実際の収入から各控除の金額を差し引いた金額になるので、上の金額より収入が多い場合でも受給できる場合があります。







































条件の良い仕事を探したい方はこちら





大分県の母子家庭を支援する児童扶養手当

児童扶養手当は、母子家庭や同じ状況の世帯への制度の一環です。

母子手当は収入格差を埋める方向で、子育てを援助することによって、ひとり親家庭の子ども達がすくすくと成長していくことを支援する狙いがあります。

大分県の家計が厳しい世帯において食料や教育や医療などの費用というような日々の生活費は多大な重荷になります。

母子手当ては、このような生活の課題に布石をうつ給付金ということで、家計の負担を減らします。

母子手当というのは、子どもたちの学習する環境を維持して、必要な時に医療にかかる費用を補うことにより、子どもたちが安心して育っていける環境を整える方策となっています。

母子手当というのは子育て援助の側面もあります。

母子家庭や父子家庭は、親が一人で子供たちの教育、健康等といった日常全般を背負う必要があります。

大分県にて児童扶養手当は、経済格差を少なくするだけでなく、シングルマザーやシングルファザーの育児をサポートする意義ある制度になっています。





最初にもどる

児童扶養手当がもらえる給付対象者の条件は?

最初にもどる

大分県の母子手当ては、親の離婚や死亡等で父または母と同居していない子どもがいる世帯、いわゆるひとり親家庭の生活をささえる給付金になっていて、以下の条件に当たる児童を養育する方が受けられます

  • 父母が結婚を解消した児童
  • 父または母が死亡した児童
  • 父または母が政令で定める程度の障害の状態にある児童
  • 父または母の生死が明らかでない児童
  • 父または母から1年以上遺棄されている児童
  • 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  • 父または母が1年以上拘禁されている児童
  • 母が婚姻しないで生まれた児童
  • 父・母ともに不明である児童(孤児など)

ただし、以下のケースには母子手当てはもらえません。

  • 対象児童が児童福祉施設などに入所している
  • 対象児童が里親に預けられている
  • 対象児童が申請者でない父または母と生計を同じくしている
  • 対象児童が(申請者の父または母の)配偶者(事実上の配偶者を含む)に養育されている
  • 対象児童が日本国内に住所がない
  • 申請者の父または母が婚姻の届出はしていなくても事実上の婚姻関係(内縁関係など)がある
  • 申請者が日本国内に住所がないとき。

児童の年齢は、18歳に達する日以後の最初の3月31日までで、政令の定める程度の障害の状態にある児童は20歳未満です。





最初にもどる

母子手当の児童扶養手当でもらえる金額は?

大分県でも、児童扶養手当は児童の数や所得によりもらえる支給額の金額が設定されます

所得が十分でない方をサポートする給付金なので、所得が高くなるともらえる金額は減っていき、所得制限に達すると給付額はゼロです。

所得制限の詳細は、後の項の「母子手当の児童扶養手当の所得制限」で説明しています。

児童もらえる金額
1人■全額支給の場合
月額44,140円
※一部支給の場合
(所得により減額)
月額44,130円〜10,410円
2人■全額支給の場合
月額54,560円
※一部支給の場合
(所得により減額)
月額54,540円〜15,620円
3人
以上
児童1人ごとに
3,130円〜6,250円加算





最初にもどる

母子手当に所得制限はある?

最初にもどる

母子手当の児童扶養手当は大分県でも所得制限が決められています。

前の年の年間の所得額が基準です。

以下の「扶養親族」というのは平たく言うと子供や親などといった親族の中で、あなたの収入で養っている人のことです。

扶養親族等の数 0人のとき

全額支給できる所得額
490,000円未満
一部支給される所得額
1,920,000円未満
孤児等の養育者の所得額
2,360,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
2,360,000円未満

扶養親族等の数 1人のとき

全額支給できる所得額
870,000円未満
一部支給される所得額
2,300,000円未満
孤児等の養育者の所得額
2,740,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
2,740,000円未満

扶養親族等の数 2人のとき

全額支給できる所得額
1,250,000円未満
一部支給される所得額
2,680,000円未満
孤児等の養育者の所得額
3,120,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
3,120,000円未満

以降は、扶養親族等の数 1人につき38万円を加算した額

上の額と比べて「収入」が多い方でも対象になることがあります。

「所得額」は「収入」の金額から給与所得控除、ひとり親控除等各控除の金額を差し引いた金額になりますので、
実際の「収入」よりも低い額になるためです。

養育費を受け取っている人は、一年の養育費の8割が「所得」に加算されますため注意が必要です。





最初にもどる

シングルマザーの児童扶養手当ての支給日はいつ?

最初にもどる

通常1月・3月・5月・7月・9月・11月の奇数月の11日で、11日が休日の時は前日になるケースが多いです。
金融機関によっては振り込まれるまで3〜4日かかる場合があります。
児童扶養手当の受給資格が認定されると翌月分から支給されます。





最初にもどる

大分県のシングルマザーの母子手当ての手続きと申請方法は?

最初にもどる

母子手当の手続きは、大分県の役所で申請します。

申請手続きに必要な書類は以下の通りです。

  • 児童扶養手当認定請求書
    ※役所でもらえます。
  • 請求者と対象児童の戸籍謄本または戸籍抄本
    ※役所で取得できます。
  • 請求者と対象児童が含まれる世帯全員の住民票の写し
    ※役所で取得できます。
  • 前年の所得証明書
    ※役所で取得できます。
  • 本人確認書類
    ※マイナンバーカード,自動車運転免許証,パスポート,健康保険証など。

そのほかに念のため、預貯金通帳と印鑑を持っていくと安心です。
児童扶養手当を受け取る金融機関の口座番号を準備しておきましょう。
さらに、マイナンバーカードなどで個人番号について伝えられるようにしておきましょう。





最初にもどる

就学援助制度で子供の教育費が支援される

リストにもどる

お金の事情で困っている大分県の世帯の小・中学生を援助する就学援助制度といったものもあります。
援助の対象は、教育に関するもの限定ですが、修学旅行費、医療費、給食費等が援助されます。

くわしくは→就学援助制度で子供の教育費の補助を【対象者は?年収は?】




リストにもどる

障がいをもつ子供のための特別児童扶養手当

リストにもどる

20歳未満の障がいのある子供を家庭で保護監督している父親、母親などの養育者に対して特別児童扶養手当が給付されます。
障害等級の1級、または2級の要件に該当していることが条件になります。
特別児童扶養手当は年3回、4カ月分ずつ支給されます。
金額は月に1級が53,700円、2級が35,760円です。
児童扶養手当と同時に受給できます。

くわしくは→特別児童扶養手当の金額と受給資格と所得制限




リストにもどる

障害児福祉手当の受給資格と金額

リストにもどる

障害児童福祉手当の受給条件は20歳未満の在宅の障害児である事が第一の受給要件です。

対象となるのは身体障害者手帳1級と2級の一部に認定されていること、療育手帳1度または2度の一部に認定されている事、または同等の障害、となります。

支給金額は月に15,220円です。

障害児福祉手当は特別児童扶養手当と共に受給できます。

くわしくは→障害児福祉手当の受給資格と金額と申請手続き




リストにもどる

障害年金と児童扶養手当は一緒に受給できる?

リストにもどる

令和3年3月から一緒に受給できるようになりました。
ただし、障害年金の方が優先して支給されて、児童扶養手当の月額から、障害年金の子の加算部分の月額を引いた差額が児童扶養手当として支払われます。




リストにもどる

ひとり親家庭等医療費助成制度

リストにもどる

ひとり親家庭の子供と親または子供を養育している人が病院などで診察を受けた時に、健康保険の自己負担分の一部が助成される制度です。
申請者および児童が健康保険に加入していない時、生活保護を受けているときについては対象から外れます。




リストにもどる

ひとり親家庭の住宅手当

リストにもどる

国全体でひとり親家庭の住宅手当を支給する制度はないのですが、自治体によってはひとり親家庭の住宅支援の制度がある場合があります。
金額は個々の自治体によって違いますが月に5千円から1万円程度のところが多くなっています。









母子家庭の方が大分県でもらえる母子手当

子どもを持つ家族の手助けとして、就学援助制度があって、授業で必要となる文房具とか給食費等の支えをしてもらうことが可能です。各市町村の教育委員会に認められた方が受けることができますが、シングルマザーで児童扶養手当を受けている人であるならば認められる公算は高くなっています。大分県でも、小中学校の新学年のときに申請書類がくばられて申し込みを受け付けることが大部分ですが、学年の途中からでも申請は可能ですのでおのおのの学校側に尋ねてみるようにしましょう。

離婚でシングルマザーになった方は、月ごとに養育費が払われているというようなケースが大分県でも少なくないです。そういった際には養育費の額を家計をやりくりしていく上で期待している方がほとんどだと思いますが、きちっと払い込んでくれなかったり、月日が経つと、不意に支払いが止まる等といったリスクも考慮に入れておきましょう。離婚を決める場合には公証役場で公正証書の形にしておくようにするのが好都合ですが、まずは書面化して互いに署名するようにすると、面倒を防げます。

大分県のおすすめ情報

ほうふ耳鼻咽喉科大分市大字羽屋118番地1097-546-8741
池田医院佐伯市大字上岡字木戸ノ瀬1258番地10972-25-1177
耳鼻咽喉科しげみ医院別府市東荘園町2丁目10977-27-3387
おだクリニック中津市大字上宮永270番地の10979-24-1103
だいかく病院大分市大字下郡字山崎170番地の4097-569-8860
織部消化器科大分市大字森386番地097-523-0033









条件の良い仕事を探したい方はこちら





ページの先頭へ