母子家庭の方が山口県でもらえる手当と支援がわかります










児童扶養手当の所得制限は?

前の1年間の所得額が基準です。

以下の「扶養親族」は簡単に言うとあなたの稼ぎで生活する子供や親等のことです。
※0人とは前年が離婚前で相手の扶養に入っていた場合など

※以降1人につき38万円を加算
所得額実際の収入から各控除の金額を差し引いた金額になるので、上の金額より収入が多い場合でも受給できる場合があります。







































条件の良い仕事を探したい方はこちら





山口県のシングルマザーをサポートする児童扶養手当

母子手当は、母子家庭のシングルマザーや同様の状況の家庭に対する大事な制度です。

母子手当は、経済的な格差をなくす方向で、育児を応援することによって、ひとり親家庭の子どもが元気に育つのを支援する役割があります。

山口県の経済的に厳しい状況にある家庭にとっては、食料や教育や医療などにかかる費用のような日々の出費は大きな負担となり得ます。

児童扶養手当は、これらの生活費の問題に取り組むための補助金として機能し、金銭的負担を解決します。

母子手当というのは、子供の学べる環境を整えて、もしもの時には医療費を補うことにより、彼らが心置きなく成長できる場を準備する施策になっています。

母子手当というのは養育支援の一面もあります。

ひとり親家庭は、親がひとりで子どもの養育、健康というような日常生活のすべてを支えなければなりません。

山口県において、母子手当は格差を少なくするとともに、母子家庭や父子家庭の子育てを応援する大切な施策です。





最初にもどる

母子手当がもらえる給付対象者の条件は?

最初にもどる

山口県の母子手当は両親の離婚や死亡等が原因で父または母と一緒に生活していない子供がいる世帯、いわゆるひとり親家庭の生活をささえる支援金であり、以下の条件に当てはまる児童を養育する方が対象です

  • 父母が結婚を解消した児童
  • 父または母が死亡した児童
  • 父または母が政令で定める程度の障害の状態にある児童
  • 父または母の生死が明らかでない児童
  • 父または母から1年以上遺棄されている児童
  • 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  • 父または母が1年以上拘禁されている児童
  • 母が婚姻しないで生まれた児童
  • 父・母ともに不明である児童(孤児など)

例外として、以下のような場合は児童扶養手当はもらえません。

  • 対象児童が児童福祉施設などに入所している
  • 対象児童が里親に預けられている
  • 対象児童が申請者でない父または母と生計を同じくしている
  • 対象児童が(申請者の父または母の)配偶者(事実上の配偶者を含む)に養育されている
  • 対象児童が日本国内に住所がない
  • 申請者の父または母が婚姻の届出はしていなくても事実上の婚姻関係(内縁関係など)がある
  • 申請者が日本国内に住所がないとき。

児童の年齢は18歳に達する日以後の最初の3月31日までで、政令の定める程度の障害の状態にある児童は20歳未満になります。





最初にもどる

母子手当の児童扶養手当でもらえる金額は?

山口県でも、母子手当は児童の数や所得に応じてもらえる支給額の金額を決めます

所得が十分でない方を支える補助金であるので、所得が多くなるともらえる金額は少なくなり、所得制限を超えると支給額は0円です。

所得制限のくわしい説明は、後の「母子手当の児童扶養手当の所得制限」を参照してください。

児童もらえる金額
1人■全額支給の場合
月額44,140円
※一部支給の場合
(所得により減額)
月額44,130円〜10,410円
2人■全額支給の場合
月額54,560円
※一部支給の場合
(所得により減額)
月額54,540円〜15,620円
3人
以上
児童1人ごとに
3,130円〜6,250円加算





最初にもどる

母子手当に所得制限はある?

最初にもどる

母子手当の児童扶養手当には山口県でも所得制限が設けられています。

前の年の年間の所得額が基準です。

以下の「扶養親族」とは簡単に言うと子供や親等というような親族において、あなたの給料で暮らしている人のことになります。

扶養親族等の数 0人のとき

全額支給できる所得額
490,000円未満
一部支給される所得額
1,920,000円未満
孤児等の養育者の所得額
2,360,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
2,360,000円未満

扶養親族等の数 1人のとき

全額支給できる所得額
870,000円未満
一部支給される所得額
2,300,000円未満
孤児等の養育者の所得額
2,740,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
2,740,000円未満

扶養親族等の数 2人のとき

全額支給できる所得額
1,250,000円未満
一部支給される所得額
2,680,000円未満
孤児等の養育者の所得額
3,120,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
3,120,000円未満

以降は、扶養親族等の数 1人につき38万円を加算した額

上記金額より「収入」が上の人であっても対象者になる可能性があります。

「所得額」というのは「収入」から給与所得控除、ひとり親控除など各控除の金額を引いた金額になるので、
実際の「収入」より低めの額となるからです。

養育費を受け取っている方は、年の養育費について8割が「所得」に足されるので注意しましょう。





最初にもどる

母子家庭の母子手当ての支給日はいつ?

最初にもどる

一般的に1月・3月・5月・7月・9月・11月の奇数月の11日です。11日が休日の場合は前日となるケースが多いです。
金融機関により入金されるまで3〜4日後になることがあります。
児童扶養手当の受給資格が認定されると翌月分より支給されます。





最初にもどる

山口県の母子家庭の児童扶養手当ての手続きと申請方法は?

最初にもどる

母子手当ての手続きは山口県の役所で申請します。

請求手続きのための書類は以下の通りです。

  • 児童扶養手当認定請求書
    ※役所でもらえます。
  • 請求者と対象児童の戸籍謄本または戸籍抄本
    ※役所で取得できます。
  • 請求者と対象児童が含まれる世帯全員の住民票の写し
    ※役所で取得できます。
  • 前年の所得証明書
    ※役所で取得できます。
  • 本人確認書類
    ※マイナンバーカード,自動車運転免許証,パスポート,健康保険証など。

ほかに念のため、預貯金通帳や印鑑を持っていくと安心です。
児童扶養手当を受け取る金融機関の口座番号について準備しておきましょう。
さらに、マイナンバーカード等で個人番号もわかるようにしておきましょう





最初にもどる

就学援助制度で子供の教育費が支援される

リストにもどる

経済的な事情で支援が必要な山口県の世帯の小・中学生を支援する就学援助制度といったものがあります。
補助対象は就学関連のものになりますが、修学旅行費、医療費、給食費等がサポートされます。

くわしくは→就学援助制度で子供の教育費の補助を【対象者は?年収は?】




リストにもどる

障がいがある子どものための特別児童扶養手当

リストにもどる

20歳未満の障がいをもつ子供を家庭で保護監督している父親、母親などの養育者特別児童扶養手当が給付されます。
障害等級の1級、または2級の要件に該当していることが条件になります。
特別児童扶養手当は年3回、4カ月分ずつ支給されます。
支給金額は月に1級が53,700円、2級が35,760円です。
児童扶養手当と同時にもらうことができます。

くわしくは→特別児童扶養手当の金額と受給資格と所得制限




リストにもどる

障害児福祉手当の受給資格と金額

リストにもどる

障害児童福祉手当を受給する条件は20歳未満の在宅の障害児である事が第一の受給要件です。

加えて身体障害者手帳1級と2級の一部に認定されている事、療育手帳1度または2度の一部に認定されている事、またはまたは精神障害がある児童となります。

金額は月額で15,220円です。

障害児福祉手当は特別児童扶養手当とともに受給することができます。

くわしくは→障害児福祉手当の受給資格と金額と申請手続き




リストにもどる

障害年金と児童扶養手当は一緒に受給できる?

リストにもどる

令和3年3月より一緒に支給されるようになりました。
ただし、障害年金が優先で支給されて、児童扶養手当の月額から、障害年金の子の加算部分の月額を差し引いた額が児童扶養手当として支給されます。




リストにもどる

ひとり親家庭等医療費助成制度

リストにもどる

ひとり親家庭の子どもと親または子供を養育している人が病院などで医療を受けたときに、健康保険の自己負担分の一部が助成される制度になります。
この制度では、申請者および児童が健康保険に加入していない場合や生活保護を受けている場合については対象になりません。




リストにもどる

母子家庭や父子家庭のための住宅手当

リストにもどる

国全体で母子家庭や父子家庭の住宅手当を支払う制度はないのですが、自治体によっては母子家庭や父子家庭の住宅手当があるところもあります。
支援内容は自治体によりさまざまですが月当たり5千円から1万円程度のケースが多くなっています。









母子家庭の方が山口県でもらえる母子手当

離婚後に相手側が養育費を振り込まないなどというようなトラブルが起きることは山口県でも少なくないです。相手の金銭の負担が高すぎて養育費を払うことができない場合は実態に即した対応を取る必要がありますが、払える能力があるのに養育費を滞納する時には、それなりの処置が必要です。離婚する際に公正証書を残しておかなかったときも、調停を家裁に起こす事も可能です。1000円強で行えて、弁護士などをつける必要はありませんので、とにかく足を運びましょう。

山口県の母子家庭の人の中には、生活資金が大変になって毎月の支払いが遅延してしまう事も多々あります。家賃の支払い、携帯代等、月々の請求がかさむと払えなくなりがちになります。そのような場合に注意を払いたいのが延滞利息です。納付期日に支払えなかった延滞分は遅延金を加えて支払わなくてはいけなくなる場合も少なくありません。その延滞利息というのは思いのほか多くなってしまい、10%超の場合が多いため、金利が低く借入れできるキャッシングにて借りて払い込んでしまったほうが金額が減るといったことも少なくありません。

山口県のおすすめ情報

山下内科小児科医院周南市川端町2丁目70834-31-7333
医療法人親和会 織畠病院下関市長府江下町1番1号083-246-1313
山崎内科医院下関市幸町22番23号083-223-5029
原田外科医院宇部市恩田町5丁目8番5号0836-31-7622
医療法人社団松涛会 安岡病院下関市横野町3丁目16番35号083-258-3711
はまもと小児クリニック山口市小郡下郷2240の7083-973-0616









条件の良い仕事を探したい方はこちら





ページの先頭へ