母子家庭の方が下田市でもらえる手当と支援がわかります










児童扶養手当の所得制限は?

前の1年間の所得額が基準です。

以下の「扶養親族」は簡単に言うとあなたの稼ぎで生活する子供や親等のことです。
※0人とは前年が離婚前で相手の扶養に入っていた場合など

※以降1人につき38万円を加算
所得額実際の収入から各控除の金額を差し引いた金額になるので、上の金額より収入が多い場合でも受給できる場合があります。







































条件の良い仕事を探したい方はこちら





下田市の母子家庭の児童扶養手当

母子手当は、母子家庭や同様の境遇にある世帯に向けての重要な生活支援になります。

母子手当ては、経済的な格差を縮め、子育てを援助することによって、ひとり親家庭の子供達が元気に育つのを援助する役割を持っています。

下田市の経済的に厳しい世帯では、食費や衣類費、教育費、医療費等の日々の生活費用は少なくない負担となります。

児童扶養手当は、これらの経済的な問題に布石をうつための給付金ということで、お金の負荷を軽減します。

母子手当というのは、子どもの学習環境を提供したり、必要な時に医療にかかる費用をカバーすることによって、子どもたちが心配なく成長できる家庭を準備する方策となります。

母子手当というのは養育サポートの役割も持っています。

ひとり親家庭というのは、一人で子どもたちの教育、養育というような日常の全部を支えなければなりません。

下田市において、児童扶養手当は、格差を緩和するだけでなく、ひとり親家庭の子育てを支援する大事な制度になっています。





最初にもどる

母子手当てがもらえる支給対象者の条件は?

最初にもどる

下田市の母子手当は父母の離婚や死別等が原因で父または母と同居していない子どもがいる世帯、ひとり親家庭の暮らしを応援する施策であり、以下の条件に当たる児童を養育する方が受けることができます

  • 父母が結婚を解消した児童
  • 父または母が死亡した児童
  • 父または母が政令で定める程度の障害の状態にある児童
  • 父または母の生死が明らかでない児童
  • 父または母から1年以上遺棄されている児童
  • 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  • 父または母が1年以上拘禁されている児童
  • 母が婚姻しないで生まれた児童
  • 父・母ともに不明である児童(孤児など)

例外として、以下の場合には母子手当は支給されません。

  • 対象児童が児童福祉施設などに入所している
  • 対象児童が里親に預けられている
  • 対象児童が申請者でない父または母と生計を同じくしている
  • 対象児童が(申請者の父または母の)配偶者(事実上の配偶者を含む)に養育されている
  • 対象児童が日本国内に住所がない
  • 申請者の父または母が婚姻の届出はしていなくても事実上の婚姻関係(内縁関係など)がある
  • 申請者が日本国内に住所がないとき。

児童の年齢制限は18歳に達する日以後の最初の3月31日までで、政令の定める程度の障害の状態にある児童は20歳未満になります。





最初にもどる

母子手当の児童扶養手当でもらえる金額は?

下田市でも、児童扶養手当は児童の人数や所得でもらえる支給額の金額を決めます

所得が少ない方をサポートする補助金のため、所得が多くなるともらえる金額は減少し、所得制限になると支給額は0円です。

所得制限の詳細は、この後の「母子手当の児童扶養手当の所得制限」で解説しています。

児童もらえる金額
1人■全額支給の場合
月額45,500円
※一部支給の場合
(所得により減額)
月額45,490円〜10,740円
2人■全額支給の場合
月額56,250円
※一部支給の場合
(所得により減額)
月額56,240円〜16,120円
3人
以上
児童1人ごとに
3,230円〜6,450円加算





最初にもどる

母子手当に所得制限はある?

最初にもどる

母子手当の児童扶養手当は下田市でも所得制限が設けられています。

前の年の年間の所得額が基準です。

以下の「扶養親族」とは簡潔に言うと子供や親等といった親族において、あなたの稼ぎで生活する人のことになります。

扶養親族等の数 0人のとき

全額支給できる所得額
490,000円未満
一部支給される所得額
1,920,000円未満
孤児等の養育者の所得額
2,360,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
2,360,000円未満

扶養親族等の数 1人のとき

全額支給できる所得額
870,000円未満
一部支給される所得額
2,300,000円未満
孤児等の養育者の所得額
2,740,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
2,740,000円未満

扶養親族等の数 2人のとき

全額支給できる所得額
1,250,000円未満
一部支給される所得額
2,680,000円未満
孤児等の養育者の所得額
3,120,000円未満
受給資格者の配偶者・扶養義務者の所得額
3,120,000円未満

以降は、扶養親族等の数 1人につき38万円を加算した額

上の額と比べて「収入」が上の方であっても受給できることがあります。

「所得額」は「収入」から給与所得控除とかひとり親控除などの各控除の金額を引いた金額なので、
実際の「収入」より低い金額になるためです。

養育費をもらっているケースでは、一年の養育費の8割が「所得」に加わるため注意しましょう。





最初にもどる

母子家庭の児童扶養手当の支給日はいつ?

最初にもどる

1月・3月・5月・7月・9月・11月の奇数月の11日です。11日が休日にあたる場合は前日となるケースが多いです。
金融機関によっては入金まで3〜4日を要することがあります。
児童扶養手当の受給資格が認定されると翌月分より受給できます。





最初にもどる

下田市のシングルマザーの母子手当ての手続きと申請方法は?

最初にもどる

児童扶養手当ての手続きは下田市の役所で申請します。

申請手続きに持っていくものは以下の通りです。

  • 児童扶養手当認定請求書
    ※役所でもらえます。
  • 請求者と対象児童の戸籍謄本または戸籍抄本
    ※役所で取得できます。
  • 請求者と対象児童が含まれる世帯全員の住民票の写し
    ※役所で取得できます。
  • 前年の所得証明書
    ※役所で取得できます。
  • 本人確認書類
    ※マイナンバーカード,自動車運転免許証,パスポート,健康保険証など。

そのほかに念のため、預貯金通帳、印鑑を用意しておくと安心です。
児童扶養手当を受け取る金融機関の振込口座番号をわかるようにしておきましょう
さらに、マイナンバーカード等で個人番号を伝えられるようにしておきましょう。





最初にもどる

就学援助制度で子供の教育費が補助される

リストにもどる

経済的な理由で支援が必要な下田市の世帯の小・中学生をサポートする就学援助制度というものがあります。
サポートの対象は、教育に関するものに限られますが、修学旅行費、給食費、学用品等が支給されます。

くわしくは→就学援助制度で子供の教育費の補助を【対象者は?年収は?】




リストにもどる

障がいがある子どものための特別児童扶養手当

リストにもどる

20歳未満の障がいをもつ子供を保護や監督している父親、母親等の養育者に対して特別児童扶養手当の給付が行われます。
障害等級の1級、または2級の要件に該当していることが条件になります。
特別児童扶養手当は年3回、4カ月分ずつ受給できます。
支給金額は月額で1級が53,700円、2級が35,760円になります。
児童扶養手当と両方とももらうことができます。

くわしくは→特別児童扶養手当の金額と受給資格と所得制限




リストにもどる

障害児福祉手当の受給資格と金額

リストにもどる

障害児童福祉手当の受給条件は20歳未満の在宅の障害児である事が第一の受給要件です。

さらに身体障害者手帳1級と2級の一部に認定されていること、療育手帳1度または2度の一部に認定されている事、または同等の障害、となっています。

金額は月額で15,220円です。

障害児福祉手当は特別児童扶養手当とともに受給可能です。

くわしくは→障害児福祉手当の受給資格と金額と申請手続き




リストにもどる

障害年金と児童扶養手当は一緒に受給できる?

リストにもどる

令和3年3月よりともに受け取れるようになりました。
ただし、障害年金の方が優先で支給されて、児童扶養手当の月額より、障害年金の子の加算部分の月額を差し引いた金額が児童扶養手当として支払われます。




リストにもどる

ひとり親家庭等医療費助成制度

リストにもどる

ひとり親家庭の子供と親または子どもを養育している人が診察を受ける際に、健康保険の自己負担分の一部が助成される制度です。
この制度では、申請者および児童が健康保険に加入していない時や生活保護を受けている時は対象外となります。




リストにもどる

ひとり親家庭の住宅手当

リストにもどる

国全体で母子家庭や父子家庭の住宅手当を支払う制度はないですが、自治体によりひとり親家庭の住宅支援の制度がある場合があります。
金額はそれぞれの自治体により違いますが月額で5千円から1万円程度のケースが多いです。









母子家庭の方が下田市でもらえる母子手当

子どもを持つ家族の補助として、就学援助制度というものがあり、就学の際に不可欠な学用品や校外活動費などのサポートをしてもらうことが可能です。各々の自治体の教育委員会に承認された人が対象になりますが、シングルマザーで児童扶養手当が払われている人であるならば対象となる可能性が高くなります。下田市でも、学校で新学年が始まるときに申込み書が届けられて受け付けることがほとんどですが、いつでも申請可能ですので個々の学校側にたずねてみることをおすすめしまます。

母子家庭手当てのみならず、経済的な補助を受けることができる公的制度が下田市には準備されています。親を亡くしてしまい一人親になったときには遺族年金の受給の対象となります。加えて、離婚などの理由で一人親になってしまった場合も国民健康保険等の納付が厳しいときは、全部とか半分を減免してもらうという事ができるので、支払えそうにないときは免除してもらえるか、市町村の役所へ聞いてみるようにしましょう。それ以外にも、一人親家庭の医療費の一部の金額を支援してくれる社会制度も設けられています。

下田市のおすすめ情報

下田ヒフ科クリニック下田市東本郷2-2-5ヨシムラビル1F南側0558-25-4055
下田メディカルセンター下田市六丁目4-100558-25-2525
荒木内科小児科医院下田市4丁目5番26号558220522
医療法人社団慈広会 県南病院下田市西本郷2-10-2558230088
医療法人社団桑寿会 下田温泉病院下田市柿崎997-2558225001
公益社団法人地域医療振興協会 伊豆下田診療所下田市西本郷1-5-2558222901









条件の良い仕事を探したい方はこちら





ページの先頭へ