金額 もらえる条件 申請方法
河沼郡柳津町の生活保護チェック

生活保護でもらえる金額

TOPにもどる 条件は 手続きは
持ち家がある方はこちら カードのリボ払いやキャッシングなどの借金がある方はこちら

河沼郡柳津町の生活保護の条件

TOPにもどる 金額は 手続きは
持ち家がある方はこちら カードのリボ払いやキャッシングなどの借金がある方はこちら

河沼郡柳津町で生活保護を確実にもらうために以下の2タイプの方は注意が必要です


持ち家がある方はこちら


毎月の支払いがある方はこちら

河沼郡柳津町の生活保護の手続きと申請方法

TOPにもどる 金額は 条件は
持ち家がある方はこちら カードのリボ払いやキャッシングなどの借金がある方はこちら

河沼郡柳津町で条件の良い仕事を探す





生活保護を受給する人数は200万人を超える

リストにもどる

2011年から生活保護を受給する人数は200万人超になっています。

とくに河沼郡柳津町でも高齢者世帯の人数が多くなっています。

福島県河沼郡柳津町で生活保護を確実にもらうために申請前にすべきこと

リストにもどる

生活保護で支給される金額

リストにもどる

生活保護でもらえる金額は、厚生労働省が定める最低生活費より収入を差し引いた金額になります。

最低生活費 − 収入 = 生活保護費

最低生活費の金額というのは、世帯構成人数、お住いの地域にて変動してきます。

日々の生活のための食費、光熱費等の生活扶助住む場所を確保するための住宅扶助の合計額が最低生活費です。

モノの値段や賃料が高い地域に居住しているケースでは最低生活費は高めになりますし、一緒に生活する人数が増えれば最低生活費の額は高いです。

下記は最低生活費の目安です。下記の額から収入を引いた額が生活保護費となります。

一人暮らし・単身者の場合

100,000円〜130,000円程度

夫婦2人のみの世帯の場合

140,000円〜190,000円程度

夫婦2人と子供1人の世帯の場合

180,000円〜230,000円程度

夫婦2人と子供2人の世帯の場合

200,000円〜260,000円程度

母子家庭や父子家庭などのひとり親家庭の場合

母子家庭や父子家庭などのひとり親家庭の場合は「母子加算」分が増額になります。「母子加算」となりますが父子家庭であっても該当します。

ひとり親家庭で子供1人の世帯の場合

170,000円〜210,000円程度

ひとり親家庭で子供2人の世帯の場合

210,000円〜260,000円程度

福島県河沼郡柳津町で生活保護を確実にもらうために申請前にすべきこと

リストにもどる

河沼郡柳津町の生活保護を受給するの条件

もどる

ます、世帯を構成するすべてが持つ資産(働くなどの)年金等の公的制度親族の支援を生活費にあてる必要があります。それでも生活が難しいときに生活保護を受けられます。

資産についてはお金にすること

預金生活自体に利用していない土地・家屋などがあれば売却して生活費に充てる必要があります

預貯金について

最低生活費の1/2程度は所有を認められます。医療と介護にかかる金額子供の教育にかかってくる金額も認めてもらえる場合があるようです。

持ち家について

古い等の理由で資産価値がないと判断されれば資産でないと認めてくれます

住宅ローンが終わっていない時でも生活保護が利用できないということはないですが、生活保護費を住宅ローンの返済に使えないため注意しましょう。

自動車について

自動車は資産になりますから、通常であれば売ることになってしまいます。

ただし、公共交通機関がない等通勤に必要だったり、障がいをお持ちの方の通院等に必須になるケースなど、生活に不可欠であると判断されれば、自動車を所有することが認められるケースもあります。

働くことが可能な場合は働くこと

就業していても収入が不十分であるときは収入と最低生活費の差額を生活保護費としてもらうことができます。

ケガ等により働くことができない場合や母子家庭で育児中のため就業できない、介護をする必要があるので職に就けない場合も、認定されれば生活保護を受給できるケースもあります。

生活保護以外の公的制度を利用すること

障害年金などがもらえる場合は年金が優先になります。

さらに、雇用保険失業給付、生活福祉資金貸付、母子父子寡婦福祉資金貸付金、住居確保給付金などの河沼郡柳津町の生活保護以外の生活が厳しい方を援助する公的制度を使っていないときについてもそちらが優先になります。

親族から支援してもらうこと

扶養義務者である親族から援助可能な場合は親族より支援してもらうことが優先になります。

親族がいない、親族についても生活がつらくて援助できないなどの場合、また、親や親族より虐待を受けている場合等については相談すれば生活保護を受給することができるケースもあります。

以上の手をつくしても収入が最低生活費まで行かないときに生活保護をもらえます。

もどる

福島県河沼郡柳津町で生活保護を確実にもらうために申請前にすべきこと

河沼郡柳津町の生活保護の申請と手続きの流れ

リストにもどる

生活保護をもらうための手続きは河沼郡柳津町を担当する福祉事務所で行います。

手続きした後に家庭訪問等の実地調査資産調査就労していなければ仕事をできるかの調査親族による援助を得られるかの調査などが実施されて、認められれば生活保護費を受け取れます。

調査ににかる期間は原則14日以内(最長30日以内)です。

まずは福祉事務所の生活保護担当に行く

河沼郡柳津町地域の福祉事務所の生活保護担当に相談することが第一です。

生活保護の詳細や他に使える生活福祉資金などの各社会保障制度の説明を受けます。

生活保護の申請手続きをする

生活保護の申請手続きを行う要望を持つ人であれば申請を行うことができます。

都合が悪くて自分で手続きをすることができないときは代わりの親族に代行してもらうことも可能になります。

申請や申請書の記載方法などは担当者が教えてくれます。

申請のための必要書類は?

世帯の収入や資産の状況を説明できる資料、たとえば預貯金通帳の写しや給与明細等を持参しておきましょう。

担当者の指示に従って必要書類があれば用意します。

自宅への家庭訪問による訪問調査

家族の状況を調査されます。

収入と資産の調査

給料や年金や親族からの支援などといった収入を世帯の収入として収入認定します。

さらに、銀行、金融機関等への調査をして資産を認定します。

所有する家などの不動産や貴金属、自動車、金券や株券等の資産について、日常生活のために必需品であるか否かの調査をします。

不可欠でないとされたものは、生活保護を使うときにお金にして生活費にします。

働く能力の有無を調べる調査

就業していない方については、働くことができる方は能力を活用して仕事をして生活費を増やすためにハローワーク等にて仕事探しするように指導されます。

親族からの支援の可否の調査

親、子供、兄弟姉妹等の親族から援助をもらえるかを調査します。

河沼郡柳津町でも、親族より虐待されているケース等については前もって伝えておけば相手側に連絡がいくことを避けられます。

生活保護の審査の結果がわかる期間は?

河沼郡柳津町でも、通常であれば14日以内に審査結果がわかります。

調査に時間が必要な場合は、最長30日以内とされています。

生活保護を支給される「開始」か、支給されない「却下」かの通知が書類で送られます。

住所がないなどといった時は電話で通知される場合もあります。

福島県河沼郡柳津町で生活保護を確実にもらうために申請前にすべきこと

リストにもどる

生活保護の支給額はどうやって決まる?

リストにもどる

生活保護費の金額は河沼郡柳津町でも厚生労働省が定める最低生活費と収入をもとに決定します。

最低生活費 − 収入 = 生活保護費

世帯人数と生活する地域によって最低生活費は変わってきます。

生活保護の金額の目安についてはこちらを参照してください。

最低生活費の額は住んでいる地域により異なる

最低生活費は住む地域により異なり、物価が高めな場所で生活しているのであれば最低生活費の額は高くなってきます。

「1級地−1」から「3級地−2」に区分されていて、「1級地−1」の地区は最低生活費も高めになります。

厚生労働省「お住まいの地域の級地を確認」

世帯の状況により加算されます

ひとり親家庭、障がい者、児童を養育する世帯は金額の加算がなされます。

身体障害者障害程度等級表で1,2,3級の場合は等級により「障害者加算」が加算されます。

障害の等級の目安はこちらになります。

母子家庭や父子家庭等のひとり親家庭の場合は児童の人数によって金額が「母子加算」分がもらえます。

用語は「母子加算」となっていますが父子家庭についても該当します。

さらには、18歳になる日以後の最初の3月31日までの児童も児童の人数に応じて金額が「児童養育加算」として加算されます。

住宅扶助基準による加算

支払っている住宅の家賃の実費相当が上乗せされます。

各地域の基準の範囲で計算されますため、必ずしも家賃全額が加算されるわけではありません。

その他に加算される基準

教育扶助基準、高等学校等就学費ということで、小学生や中学生や高校生のいる世帯に加えられます。教材費、高校生の入学金などの実費も支払われます。

介護扶助基準として居宅介護にかかった介護費の平均月額医療扶助基準として治療等にかかった医療費の平均月額についても上乗せされます。

加えて、最低生活費認定額として、出産や葬儀について経費の基準額が上乗せされます。

福島県河沼郡柳津町で生活保護を確実にもらうために申請前にすべきこと

リストにもどる

河沼郡柳津町の生活保護の種類と内容

リストにもどる

生活保護制度では生活を維持していくのに必要なそれぞれのコストについて扶助を支給します。

生活扶助

食費・光熱費・被服費等の生活維持に必要な支出がもらえます。

住宅扶助

家賃が地域で設定されている基準額の範囲で支給されます。

教育扶助

学用品や教材費、給食費等、義務教育のために不可欠なコストについて決められている基準の中で受給できます。

医療扶助

病気やケガなどの医療費が直接医療機関へ支払われます。(本人負担なし)

介護扶助

介護費用が直接介護事業者に支払われます。(本人負担なし)

出産扶助

出産のための費用について定められた基準額の範囲内で実費を支給します。

生業扶助

就職するのに必須の技能をマスターするために支払う出費について設定されている基準額の中で実費を支給します。

葬祭扶助

葬祭にかかる費用のうち決められた基準額の範囲で実費をもらえます。

福島県河沼郡柳津町で生活保護を確実にもらうために申請前にすべきこと

リストにもどる

河沼郡柳津町の生活保護を受給すると免除される費用

リストにもどる

生活保護を受給していると支払い免除になるお金もあります。

いろいろな税金

所得税、住民税、固定資産税等といった税金を支払う必要がありません。

国民健康保険料

生活保護を受けると国民健康保険の被保険者より除外になるので国民健康保険料が免除になります。

生活保護の医療扶助で医療は全部無料で受診できます。

国民年金保険料

生活保護受給者は国民年金保険料を払わなくてよくなります。

ただ、受給する年金の金額は少なくなります。

老齢基礎年金額については保険料を納付していた方の2分の1、平成21年3月以前の免除期間では3分の1となります。

NHK受信料

生活保護受給者は、申請すればNHKの放送受信料が免除されます。

福島県河沼郡柳津町で生活保護を確実にもらうために申請前にすべきこと

リストにもどる

生活保護の水際作戦とは?

リストにもどる

生活保護に関する水際作戦とは福祉事務所の担当者が生活保護をもらいたいと思っている申請者に手続きさせないように導くことのことになます。

とにもかくにも生活保護を手続きできないといった出来事がかなり存在します。若年の方で働いていない方は、重い精神的ストレス等一見してわからないことのために仕事をするのが困難な状態だとしても、まずは就活をして働くように説得されるケースも少なくありません。

窓口で何時間も話をされた後に申請させてもらえなかったケースも少なくありません。

申請した方の約8割が生活保護をもらえているので、申請を受けること自体が最後の砦、詰まりは水際なわけです。

生活保護について申請したときは福祉事務所は通常は14日以内に生活保護利用の可否について決定し、本人に文書で通知する必要があります。

申請さえできないというのは誰が見ても変です。

最近はきちんと対応してもらえる窓口が多いですが、一部で相変わらず水際作戦と言われても仕方がない対応をする窓口もあるようです。

どうしても生活保護の申請をさせないというような場合は、支援団体、弁護士などに相談して、申請時に同席してもらうことが効果的になります。

どちらにしても、生活保護の水際作戦という対応はなくなってほしいものです。

福島県河沼郡柳津町で生活保護を確実にもらうために申請前にすべきこと

リストにもどる

年金と生活保護を両方もらえる?

リストにもどる

河沼郡柳津町でも年金と生活保護の両方を受給できます。

しかしながら、年金については収入と判断されます。

年金を計算に入れた収入額が国が定める最低生活費(最低生活費の目安はこちら)以下であれば生活保護を受けられます。

福島県河沼郡柳津町で生活保護を確実にもらうために申請前にすべきこと

リストにもどる

無料低額宿泊所にて住居を確保する

リストにもどる

無料低額宿泊所とは、生活困窮者を対象に無料や低い料金で入れる簡易住宅、宿泊施設です。

家を持たない方を含めて生活を維持できない方が対象で、多くは生活保護を受けています。

略語として「無低(むてい)」と言うこともあって無料低額宿泊所の中にはDVシェルターとして母子のためのものもあります。

福島県河沼郡柳津町で生活保護を確実にもらうために申請前にすべきこと

リストにもどる

河沼郡柳津町の生活保護をもらう方法

生活保護の制度の申請をする方は福島県河沼郡柳津町で増えています。それでも、希望する人のみんなが生活保護をもらう資格があるのではありません。例えば、基準を超えた収入はあるのだが借金返済に追われて生活できないなどの状態は給付されません。これらのケースは任意整理や自己破産というような他の選択肢を使うことになります。

福島県河沼郡柳津町で生活保護の手続きをする方は、まず始めに、担当窓口へ足を運びます。生活保護制度の申込みの時には仕事の状況まで突っ込んで聞かれることもありますが、ウソをつかないことを心がけましょう。その後、細かな調査が入りますので、うそをついても、すぐに見つかります。誤ったことを言ったことが気づかれたら、生活保護を受給できません。福島県河沼郡柳津町でも生活保護制度を手続きをする人のみんなが生活保護の対象となるのではありません。申請が却下されたとしても、何度も毎日の生活で頭が痛いことを説明し続けることが大切です。

関連地域 安達郡大玉村,東白川郡鮫川村,田村郡小野町

河沼郡柳津町で生活保護を確実にもらうために申請前にすべきこと

河沼郡柳津町で条件の良い仕事を探す





生活保護法というのは1946年の最初の法律をベースに改正して昭和25年5月4日に施行された法で平成以降の現在まで時の状況とともに改正され政令、附則を付け足す措置を行っています。河沼郡柳津町でも生活保護の受給を申請する場合は当該都道府県、市町村の役所の福祉事務所でできます。受給可能な支援には都道府県知事より指定をされた医療機関においての医療扶助、介護施設事業者へ費用を支給する介護扶助、日々の生活の負担の補助をする生活扶助、住宅扶助などの給付が存在します。法の規定により厚生労働大臣が定めた適用基準の最低生活費より就労による収入や社会保険、年金の給付額を減額した金額が河沼郡柳津町でも支給されます。

河沼郡柳津町で生活保護を確実にもらうために申請前にすべきこと

河沼郡柳津町で条件の良い仕事を探す